忍者ブログ
HOME > > [PR] > 栃木百名山 > 三本槍岳 [1917m]・朝日岳 [1896m] Admin NewEntry Comment RSS  
栃木百名山日帰り登山記録・日本百名山日帰り登山記録です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     三本槍岳 [1917m]      

       朝日岳 [1896m]      


日時:2008/04/29

天気:曇り時々晴れ

人数:単独

行程:峠の茶屋駐車場
5:07--峰の茶屋跡5:45--清水平7:05--三本槍岳8:10--清水平--朝日岳9:37--峰の茶屋跡--峠の茶屋駐車場
10:42

情報:「山本槍岳」那須連峰最高峰。360度の大展望。「朝日岳」アルペンチックな山で、別名「那須穂高」と呼ばれる。

登口:東北道【那須IC】---那須温泉湯元---峠の茶屋駐車場



2回目の単独登山。
前回は地図の確認の怠りや、気のゆるみにより苦い思いをしたが、今回は気をつけたい。

           5:07 峠の茶屋駐車場           
5:07 峠の茶屋駐車場
494a256d.jpg














駐車場は雪が少しあった。
降りたらすげー寒い。
車はあまりとまっていなかった。

停まっている車も、スポーツカーのようないわゆる「走り屋さん」っぽいのがほとんどで、登山目的なのかどうかはわからない。
ここから登山道に入ってすぐ、一箇所だけ急な坂があり、しかも残雪で覆われている。
アイゼンは使うべきだと思うが、残雪の距離が短いので、使わなかった。
周りの木につかまり登る。

それにしてもここから上がる道は、右手に見える朝日岳がかっこいい。
朝日を浴びて、さらに壮大だ。

1eb12705.jpg















         5:45 峰の茶屋跡分岐         
5:45 峰の茶屋跡分岐
峰の茶屋はガスで完全に視界がきかない。
風はものすごい強いのだが、ガスが無くなる気配は無い。
そこから分岐を三本槍岳方面へ。
すると難関出現。
9ff14e1d.jpgそう・・
雪渓す。
滑らしたら無事ではすまない。
まあこの角度ならまだ滑ることはないと思うが。
しかし、この先にこれがかわいく思えるほどの雪渓が。
ここで、どうしようか考えていると・・・

アイゼンをササッと付け、いとも簡単に進む猛者が。
d8c36e56.jpg













このお兄さんは、茨城からきたハイカーで、深夜1時に家を出てきたらしい。
気合入ってます。
見た感じ、俺と年は変わらない感じだったが、登山歴は多分すごい。
オーラが出てた。
ちょっと悔しい・・・。

ここから、鎖場を通り、雪道を越えて・・・
IMG_2558-s.jpgIMG_2560-s.jpg







こんな場所を通って・・・
IMG_2563-s.jpgIMG_2574-s.jpg







           7:05 清水平            
7:05 清水平
清水平到着。
f0a93419.jpg
周りに隔てるものが無く、ひらけてます。
これから向かう三本槍岳は、残念ながらガスってる。

2145c175.jpg三本槍がだんだん間近に・・・。

しかし、さらに進むとやはり濃いガスにまかれて、どこが山頂だかわからなくなった。
しまいには来た道もよくわからなくなり、途方にくれていると、

「お~い!」

と呼ぶ声が。
声のする方へ行ってみると、さっき出会った茨城のお兄さんがいた。
なんでも、遭難したくないから帰ろうとしてたらしい。


それ、賛成。

俺はこの前恐い思いしたばっかだったから、帰る気満々だった(笑)
二人で帰ろうとすると、下から、一人のおじさんが歩いてきた。
この人は長野から来たハイカーで、帰ろうとしてた事を話すと、

「頂上なんて、高いとこ目指していけば着くから平気だよ」

と、余裕の笑顔で答えた。
ものすごいベテラン臭がしてたので二人ともついていくことに。


            8:10 三本槍岳            
8:10 三本槍岳
おじさんに会って、10分しないうちに着いた。
だが、山頂はガスに覆われている・・・。

二人はいろんな山の話を詳しくしてた。
全然ついてけない。
やっぱりこの人たちは結構ベテランで、日本100名山もかなり登ってた。
俺は変なとこまけず嫌いなので、知ってるふりした(笑)
しかも、みんな山頂であまりゆっくりしないんですね。
帰るのはやい。
「一緒に行く?」って言ってきたが、
俺は「もう少しゆっくりしていきます。」と言って、ここで二人とは別れた。

IMG_2584-s.jpg











今度は来た道を一旦戻り、朝日の肩まで向かう。
そこまでかなりの人とすれ違った。
もう少し遅ければ、山頂は渋滞してたかもしれない。
早く出てきてよかった。
30分くらいして、朝日の肩に到着。

IMG_2589-s.jpgこれから向かう朝日岳への道。
これが、「ニセ穂高」と呼ばれているらしい。
写真とかで北アルプスの穂高岳を見た事あるけど、全然違うような・・・。

こうして見ると、歩くスペースが少ししかないように見えるが、実際歩いてみると、以外と広い。

IMG_2596-s.jpgもう少し!


           9:37 朝日岳           
9:37 朝日岳
朝日岳は展望がよかった。
暫く休憩してると下からおじさんがきた。
この人は地元の人で、朝日岳に30回近く登っているらしい。
茶臼岳や三本槍岳にはあまり興味がないらしくこの「朝日岳」が大好きらしい。
このおじさんとは峰の茶屋の分岐まで、一緒だった。

IMG_2603-s.jpg













山頂付近から、朝通ってきた雪渓を。

       10:42 峠の茶屋駐車場       
10:42 峠の茶屋駐車場
無事到着。
おしゃれなバンダナ巻いたシーサーが帰りを待っていてくれた。
ただいま。

IMG_2615-s.jpg














山はいろんな人がいて面白い。
そういう出会いも大切にしたいと思った。

往路 3:03

復路 2:32

合計 5:35

※三本槍岳までを往路と考えた場合。

6e0225c2.jpg


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[10]  [6]  [9]  [8]  [7]  [5]  [4]  [3]  [2]  [45]  [44
山名を入力してください
カウントしてますよ
Language
天気予報
山岳ぷらねっとは、【Fire Fox】での観覧をお勧めします
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おすすめHP
錆鉄人の感動人生」
*日本百名山日帰り完登*

中高年の山登りと温泉」
*栃木百名山完登*

栃木の山283+」
*栃木の山のスペシャリスト*

tatatammのブログ」
*たくみデンジャラスの親バカ日記*

U.C.84`s ALL STARS」
*盟友DJ tetsuoのHIPHOPcrew*

アウトドア部門、只今1位。
TREview

山岳ぷらねっと 三本槍岳 [1917m]・朝日岳 [1896m] Produced by やのまん
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com