忍者ブログ
HOME > 日本百名山の記事 Admin NewEntry Comment RSS  
栃木百名山日帰り登山記録・日本百名山日帰り登山記録です。
■カテゴリ「日本百名山」の記事一覧
[2020/01/23] [PR]
[2009/06/16] 蔵王山 [1841m]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     蔵王山 [1366m]      


日時:2009/06/16

天気:快晴

人数:単独

行程:ザイラウッディロッジ
5:52--仙人沢つり橋6:51--中丸山7:34--熊野岳8:24--お釜8:34--スキー場--ザイラウッディロッジ10:00


情報:蔵王山という山は存在しない。蔵王連峰の中の熊野岳というピークが最高峰。

登口:【山形自動車道】山形蔵王IC---13号---ザイラウッディロッヂ


日本百名山の中ではかなり楽な山だと思う。

余りにも早く山行が終わっても嫌なので、少し遠くから登った。
車中泊です。
2:30頃着いた。


           5:52 ザイラウッディロッヂ           

ものすご~く気持ちのいい道からスタートする。
下は芝生で周りは木々に囲まれている。
花もちらほら。
IMG_6091-s.JPGIMG_6094-s.JPG


登りはじめの時点で、すでに遠くに雲海が見える。
ここは標高高いみたい。


しかしここでGPSを確認しながら進んでいたが、何故か車道に出てしまい、来た道を戻る。
また分岐の見逃しです。
2,30分ロス。
IMG_6098-s.JPGIMG_6103-s.JPG







これは正解の道。


登山道の草木の生い茂りの様子から、あまり人は歩いていないようだ。
すごい暑い。
蒸されてる。

IMG_6108-s.JPGIMG_6118-s.JPG何回もこの仙人沢を渡ります。
それにしても、たまに踏み跡が消えたりする。

このコースは人気があまりないようだ。
まあそれはそれでいいけど。

しばらく進むと・・・
IMG_6128-s.JPG













結構立派な滝があった。
近くに行くと涼しい。
水浴びしたい・・・。


           6:51 仙人沢つり橋           

IMG_6135-s.JPG大迫力のつり橋がありました。
このつり橋を渡ると、ちょっとした急登を歩きます。

話は変わりますが・・

一ヵ月後の7月12日、この場所で、子供会行事で
ハイキングをしていた6歳の男子が約50メートル下の沢に滑落しました。これを助けよう
とした無職の男性(54)も沢に滑り落ちました。

「県消防防災ヘリ:もがみ」が2人を救助し山形市の県立中央病院に運びましたが、男の子は同日午後0時55分外傷性くも膜下出血で死亡が確認され、男性も午後1時46分死亡が確認されました。


どうやら、この橋を渡りきった後、下の沢に滑り落ちたらしい・・。
俺が歩いた時は特に危険とは感じなかったが、事件の前日に大雨が降っていて、かなり地面がぬかるんでいた模様。
しかも坂だから勢いついちゃったんだろう・・。

ご冥福をお祈りいたします。


ここから中丸山まで長く感じた。
ずっと森を歩いていたからだと思う。

くもの巣が今までの登山史上一番多かったです。(たいして登ってないけどね)
目や口に何回入ったかわかりません。
しばらく森を進むと、いきなりひらけます。

IMG_6149-s.JPGこの道は歩いていて、「快適」でした。
後、かなり整備されていて歩きやすい。

中丸山も見えてます。
あの、のっぺりした山がそうです。




            7:34 中丸山            

IMG_6153-s.JPG中丸山は、分岐点のようなもの。
危うく通り過ぎるとこだった。

よく見ると、山頂と書いてある。
わかりずれー。

1562m地点です。



ふと後ろを振り向くと・・・
IMG_6182-s.JPG雲海と、会津?の山々。
まだ雪がたくさん残ってる。

溶けるのは7月入ってかな?
ここにも残雪が少し。
IMG_6178-s.JPGIMG_6180-s.JPG







あと1週間ほどで全て溶けてしまうでしょう。
それにしても・・暑い。

だんだんガレ場に変わってくる。
目指すピーク、蔵王山頂「熊野岳」はすぐそこ。


            8:24 熊野岳            

783ba79f.JPGIMG_6201-s.JPG山頂には俺一人かと思いきや、端っこで雲海を眺める仲の良さ気な老夫婦が。

せっかくなので被写体に・・
d059ad50.JPG


いい写真が取れた。
この人達と少ししゃべって、いよいよお釜へ。


            8:34 お釜           

IMG_6223-s.JPGすげー。
写真では何回か見たことあるけど、やはり実物は違う。

「お釜」って言う名前の由来はその名の通り釜のように見えるかららしい。

湖の周囲は全長1,080メートル、直径330メートルで、明治時代の噴火を含めて今までに26回も噴火している。

火口湖ということで、湖水は強い酸性。
このためお釜には生き物がまったく生息できないのだそう。

一応動画も・・



しばらくお釜を見ながら休憩後、帰路へ。
帰りは行きとは違う道を歩きます。
IMG_6231-s.JPGIMG_6243-s.JPG






右の写真の分岐点を「坊平高原」へ。
少し歩くとリフト乗り場へ。

リフト沿いの登山道を下りて道路まで出ます。
IMG_6249-s.JPGIMG_6251-s.JPG







そして道路沿いの登山道を通り、ザイラウッディロッジを目指す。
たまに道路に出たり入ったりを繰り返す。

すると、ザイラスキー場が見えた。
IMG_6272-s.JPG地図で確認したら、このスキー場の斜面を下ると、目的地のウッディロッジに近い場所に出るはずだと思い、斜面を進む。
本当はまた仙人沢沿いの道を歩くはずだったんだけど・・。

正直あの道はもう歩きたくなかった・・・。
結構登り下りもあったので。

このスキー場を下り、道路へ。
そこから10分くらい歩くと、ザイラウッディロッジ。



         10:00 ザイラウッディロッジ         

到着。
中丸山~熊野岳方面を振り返る。
2847a464.JPGさようなら、蔵王。
また来ます。

かなり楽なコースだったと思うが、事故のあった「仙人沢」付近だけは、気をつけた方がいいと思う。
草木が伸びるピークの時なんかは、完全に道はわからなくなるのではないか。

まあ、楽に蔵王のピークに立とうと思えば車でリフト乗り場まで行って、そこからリフト乗って15分くらい歩けば山頂なんだけど(笑)

登り 2:32

下り 1:36

合計 4:08



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

拍手[1回]

PR
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
山名を入力してください
カウントしてますよ
Language
天気予報
山岳ぷらねっとは、【Fire Fox】での観覧をお勧めします
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おすすめHP
錆鉄人の感動人生」
*日本百名山日帰り完登*

中高年の山登りと温泉」
*栃木百名山完登*

栃木の山283+」
*栃木の山のスペシャリスト*

tatatammのブログ」
*たくみデンジャラスの親バカ日記*

U.C.84`s ALL STARS」
*盟友DJ tetsuoのHIPHOPcrew*

アウトドア部門、只今1位。
TREview

山岳ぷらねっと 日本百名山 Produced by やのまん
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com